小児眼科

0歳児から診察に対応しております。

弱視

メガネやコンタクトレンズで矯正しても視力がでない状態のことをいいます。目の病気が何もなければ、メガネやコンタクトで1.0まで見えるのが正常です。しかし、どんなメガネやコンタクトレンズでの矯正をしても1.0まで見えないことがあります。この状態を弱視といいます。

斜視

目の向きが左右で違う方向を向く状態です。通常ものをみるときは左右の目が同じ方向を向いています。ところが、片方の目はまっすぐなのに、もう片方が外や内を向くことがあり、この状態を斜視といいます。斜視には上下にずれるものもあり、その種類は多く、遠視やほかの目の病気が潜んでいたりすることもあります。

近視

近くのものが見えて、遠くが見えにくい状態です。近視の原因は、遺伝的な要素と環境が関係すると考えられています。

近視治療の流れ